オーガニックコスメのすすめ

初めまして。

ANDALOU NATURALS JAPAN公式アドバイザーのMihoです。

 

世界中どこに行っても、私の日常はアンダルーのオーガニックスキンケアから始まります。

20代後半からスキンケアの迷走を15年程過ごしてきました。

15年…。長いキャリアです。

 

人生において、15年というのはとてつもなく長い時間ではないでしょうか?

そんな15年迷走した私が、同じく迷いを持つ皆さんに

 

「私と同じ様な無駄な時間を過ごして欲しくない。

正しい情報を基に、良い選択をして欲しい」

 

という思いから、今回ブログを書かせて頂きます。

 

~ブランド物を信じることからキャリアスタート~

 

私の迷走キャリアは、某超有名ブランドから始まりました。

スキンケアとは無縁の美大生活を経て社会人になり、

お給料を片手にファッション誌をペラペラめくり見つけたのは某超有名ブランドのスキンケア。

 

憧れのロゴマーク。

 

「高級ブランドの鞄を持つステイタスはないけど、

社会人の女性として少しオシャレに贅沢したい」

 

そんな気持ちに駆り立てられて

銀座のデパートで某超有名ランドの化粧水など

スキンケア商品を複数購入しました。

 

とても丁寧な接客。

何とも言えない優越感。

 

私はブランド物を手にした満足感で

スキンケアが嬉しくてたまりませんでした。

 

しかし…数日後…。

 

顔に現れた肌荒れ。

 

生活も仕事のストレスも特に変わりない。変わったのは化粧品だけ…。

 

「え!?そんなばずはない!?」

 

とても高価なブランド物。

そんな化粧品が肌に効かないはずがありません。

 

 

そう思って

私は私の肌に起きている現実を無視し、しばらく使い続けていました。

 

しかし、いくら続けても肌状態は良くなりません。

 

非常に落胆し、残念な気持ちで泣く泣く

某超有名の化粧品は捨てました。それと同時に肌荒れもおさまり…

 

その後も、迷走は続き

 

オーガニックショップでどくだみ化粧水に蜜蝋。アロマを使った手作りコスメにも走りましたが、特に何の効果も得られないまま。

私生活が忙しくなると、半ばやけっぱちになり、ドン・キホーテでプチプラコスメでその場しのぎを続ける始末。

 

そして最終的に考えるのが面倒になりキュレルに落ち着く状態に。

 

誤解のない様に申し上げたいのですが、

ブランド物が決して悪い訳ではないのです。

 

人と人との間に、相性が良い人、悪い人がいるように

肌と化粧品の間にも、相性の良し悪しがあるのです。

 

その相性を当時の私は考えることをせず、

ただただ高価なものであれば

同様に効果も高いはずだ!という思い込みで迷走を続けていました。

 

「情弱」

 

と言われれば、それまでです。

しかし、「ブランド」側も「ブランド」だから安心ですよ、という

イメージを必死に作り上げているので

 

ただ「情弱のあなたが悪い」では

片付けられない問題だと思います。

 

実際私は、高いお金を払ったのに効果も得られず

何をやっても肌は良くならず

忙しさも相まってスキンケアについて排他的な精神状態になっていきました。

 

~ANDALOU NATURALSとの出会い~

 

そんな鬱々とした日々を過ごしていた私が

次なる迷走キャリアを積もうとしていた時に

館山で「ANDALOU NATURALS」と出会いました。

砂漠で彷徨う月の夜に見つけたオアシスのような出会いでした。

 

「フルーツ幹細胞」

「最先端科学」

「オーガニックコスメなのに、科学?」

 

という疑問をもった私は、

「ANDALOU NATURALS」の正規日本代理店のオーナーに素直に質問しました。

 

そこで分かったのは…

現代の科学は、

自然界に存在しない石油系物質(ブランド物化粧品には大概使用されいる成分です 笑)

を作り出せるだけでなく

 

 

本来自然界の中にある成分を抽出し

それを肌に取り込むための技術が進んでいる、ということでした。

 

・最先端科学により得られたフルーツ幹細胞

・70%以上のオーガニック成分を使用

・数々の政府認証を得ている

 

欧米のオーガニックスキンケアは

材料がオーガニックなのは当たり前

さらに現在社会の進化を如何に利用するか、というところまで来ているんだ

なんだか面白そう!これは試してみたい!

とsensitiveのラインナップを幾つか購入しました。

早速、洗顔⇒化粧水⇒オイル⇒美容液の順に使用して

何日か経過後、

いつも通りくつろいでいると

遊びに来ていた友人から

「なんかいつもと違って綺麗だけどどうしたの?」

と言われたのです。

 

生活も仕事のストレスも特に変わりない。

変わったのはANDALOU NATURALSのスキンケアだけ…!!

 

まるでテレフォンショッピングのような展開に私自身がびっくりしました。

 

いやいや、たまたまだ。

友達の目が曇っていたのだろう 笑

 

と思って、過剰な期待をせずに、を使い続けていたのですが

 

吹き出物跡も薄くなり、生理の周期でやってくる肌荒れも落ち着き出して

 

これは…「ANDALOU NATURALS」の効果を認めざるを得ない!と思うようになりました。

 

今では肌が内側から元気になっていることを感じることができます。

 

肌が綺麗になると

ウキウキしてきて、周りが明るく感じられませんか??

 

私もいつもと変わらない仕事が楽しく感じられたり、

些細なことでイライラしたりモヤモヤしていたことも無くなりました。

 

スキンケア迷走時代に比べると

本当に人生全体が明るく、軽く、温かく感じます。

 

幸せです。

 

★当たり前だけど、人工物よりも自然(ナチュラル)な方が相性は良い

 

先ほど私は人と人の相性のように

人と化粧品の間にも相性がある、と言いました。

 

しかし、少し考えてみて下さい。

自然界に存在しない成分が自分の肌に合うか?ということを

高いお金を出して試すよりも

 

自然界に存在するナチュラルな成分を

自分の肌に合うか?と試す方がより相性抜群の確率が上がりませんか??

 

それでいて、リーズナブルです。

 

1000分の1の確率でアタリがあるくじ引きと

10分の1の確率でアタリがあるくじ引きなら

 

どちらを引くかは明白ですよね?

 

今多くの女性は、

テレビ、雑誌、広告などの影響で、

 

ブランド物に大きな憧れを抱くように

誘導されてしまっています。

 

 

1000分の1のくじ引きを

思考停止で引かされてしまっているのです。

 

 

そして、多くのスキンケア迷走者を生み出しています。

 

私はANDALOU NATURALSと出会って、

原材料と効果について自分なりに考えるようにもなりました。

 

農薬や添加物が入っていない

オーガニックな食事が体に良いと言われるように、

 

やはり化粧品においても、肌のことを考えるなら

「ナチュラル」「オーガニック」なものが良いのです。

 

だって、我々人間も

自然界の一部なんですから。

 

ただ、ブランド物が悪い訳ではないです。

 

ブランド物にはブランド物の役割が。

オーガニックコスメにはオーガニックコスメの役割があります。

 

それを買い手が理解しずらいところに問題があるのです。

 

私は、その情報を伝えることで

多くの女性が自分自身で

自分が望む選択を行えるようになれたら

 

より幸せな人が増えるだろうな、

と思い、このアドバイザーの職に就いています。

 

ブランド物が与えてくれる優越感や満足感ではなく、

純粋に自分の肌を大切する方法を知りたい方は

是非お気軽に

メールやLine@を是非ください。

メール →miho@globalorganicgroup.com
LINE@  

☆ANDALOUNATURALSを使いたいけど・・・ちょっと聞きたい
 お悩みやご相談にできるだけお答えします。
 執拗なメルマガ発信など致しませんので、ご安心ください

友だち追加
 


ANDALOU NTURALS(アンダルーナチュラルズ)

オーガニックスキンケアとヘアケアの楽しさを

頑張って伝えていきますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Miho