フルーツ幹細胞について

最先端科学の技術で抽出された「フルーツ幹細胞」が
スキンケアの世界では注目されています。

気になっていても

良くわからない。。。

注目されているわりに

その効果が具体的に理解されていないかも。

そもそも
人間の体には「幹細胞」と言われる
失われていく細胞を再び生み出し補充する能力を持った細胞があります。

その幹細胞が衰えていけば再生する能力も遅くなります。

ということは

幹細胞が健康的な状態で維持できることが理想的ですね。

しかしながら
現在のオーガニックスキンケア商品の多くが
表皮の部分の潤いを補うものが殆どです。

どうしたら幹細胞はみずみずしい状態で

自主回復力を保っていられるのでしょうか?

そこで研究開発されたのが
人間の幹細胞まで浸透しエイジングケアの手助けをする「フルーツ幹細胞」です。

フルーツ幹細胞と一言で言っても
フルーツってたくさんありますよね。

勿論
どんなフルーツでも良いわけではないです。

遺伝子組み換えや農薬まみれの植物では

せっかく抽出した成分が既に汚染されています。

厳重に管理されているフルーツでなければ危険です。

その代表的なフルーツとして挙げられるのが

腐らない奇跡のリンゴと言われる「ウトビラー・スパトラウバー」。

その原木はスイスで厳重に管理されており
世界に20本程度しかないそうです。

そして
フルーツから幹細胞を抽出できる確かな「PhytoCell TecTM」技術をもっているのが
「ミベールバイオケミストリー社」です。

その技術によって
「リンゴ果実培養細胞エキス」が抽出されます。

確かな材料と技術が使われた「フルーツ幹細胞エキス」によって

人間の幹細胞の自主回復力を高めることが可能となり

肌を外的環境や紫外線ストレスから守り
お肌のうるおいを保持し
ハリを与えるサイエンスレベルのエイジングケアが実現します。

信用できる技術と材料を使ったオーガニックコスメで
スキンケアを心がけていくことは
心身の健康に繋がりますね。